あらかじめ顔料で色を付けた土を組み合わせて模様を作っておき、金太郎飴のような模様が連続した固まりにしておきます。

それを薄くスライスしてできた模様入りのタタラを石膏型に押し付けて成形する技法です。


石膏型も自分で制作しており、それによって陰影の美しい形の器を目指しています。

技法「練込」を用いた作品はこちら