2014-09-18-14-48-30釉薬や化粧土を水で薄め、霧吹きのような専用の道具で吹き付ける技法です。粒子となって作品にかかるため、普通にかけるよりも薄付きなだけでなく、ムラを表現したり、釉薬によっては全く違う表情を出すことができます。


たとえば透明釉であれば、普通にかけるとつやっとしたなめらかな表面になるのに対して、吹きがけすると光のあたりかたによって表面がちらちらと光り、全体としては軽い印象になります。

spray_graze