全体としてゆるやかなカーブを描き、角度をつけて卵型に変形した開口部の上下には少し縁が残してある、不思議な形です。底は角の取れた三角形。

鋳込みという技法で作られており、この技法でしかできない独特の形です。

蛍手を施した透明釉がけと内側だけターコイズブルーの釉薬をかけた2種を作りました。

 

作品カテゴリー: 作品タグ: ,

説明

deformed-white-vase_usage大きさは手のひらで持って少しはみ出すくらい。

使用例としてお正月には季節の花をアレンジしてみました。参考写真のようにめいいっぱい生けてもよいですし、器の内側が見えるくらいに3~4生けても上品かと思います。

コメント

コメントはまだありません。

“変形花器” のコメントを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です